読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KinKiファンブログ開設!


こんにちは!
KinKiファンブログ開設しました。
思ったことを気ままに投稿するつもりです。

さて、今日はプレ販売に行ってきました。購入までフォトセットとファイルは買うか迷いましたが結局購入。
それは写真に魅せられたからです。

今回の写真を担当されたのはレスリーキーさん。この方の写真に魅せられました。
こんなにも胸踊らせたのは初めてです。
KinKiファンだからコンサートグッズだから。
それが普段グッズを買う理由です。
しかし今回は違います。どうしてもこの商品が欲しいと手を伸ばしました。

まずは色味。
これは写真の第一印象を決めるといっても過言ではありません。
パキッとしたなかにKinKiのマイナーな雰囲気が込められた鮮やかなのに落ち着いている色。

そして質感。
肌色のリアルさ、影、それはモノクロであっても変わりません。3Dであるかのようです。解像度も言葉にできないほど。芸術の域です。

躍動感のある写真も好きです。
特にフォトセット内の剛くんのオーガンジーを使った写真はお気に入りの1枚です。

また見開きのそれぞれのソロ感強めな写真。ソロ感というのもなんだか違和感がありますがストレートにいえば統一感はない。

それなのに2人並ぶとそれはKinKi Kidsなんです。それこそが彼らの魅力。
KinKi Kidsという素晴らしい素材を生かしきった写真は必見です。

写真好きな方にも手に取ってほしいですね。そしてテキストも読んで欲しいです。

もちろん近日発売のオフショはこれを見て全てお迎えすることにしました。
まだ薔薇と太陽のオフショも買ってないのに😱

さて、パンフレットのテキストですが
衝撃的なセンテンスがありました。
それはソロコーナーを設けるというものです。

もう何年もソロコーナーはありませんでした。いつしかそれが普通になっていました。

だから今回、嬉しい反面、不安でもあります。

正反対の2人による正反対のソロ活動
それが一つのステージで見られるのですからこんなにも贅沢なことはありません。

それを武道館で行う意味。

シンプルに愛している

それを察して下さい。
そのようなメッセージだと
私は受取りました。

ソロ活動を始めたばかりの頃
不安があったように

今回もまた不安と期待が入り交じっています。

ソロをKinKiに還元してほしいわけではありません。

でも


KinKi Kidsであると

みせつけてほしい。
愛を食らわせて欲しい。

また新しいKinKiの幕開けになるのかな。彼らは通過点でしかないと言います。それでもこの19周年と20周年yearがターニングポイントになることは確信しています。

今までこれだけの日を跨いできた中で
不安に感じることがなかったわけではありません。
揺らいだことがなかったわけではありません。

ずっとコイツとやっていくからさ

彼の言葉はホンモノです。

僕を信じて自分を信じて

彼の愛はココにあります。

どうか長く
どうか沢山の
素敵な時間が降り注ぎますよう
心を込めて。